看護師が保活をする上で重要な事

出産後や子育てに一段落したという事で、看護師の仕事に復帰するために保活をする場合、残業やシフト勤務などを考慮しながら保育園を探していく必要があると言えるでしょう。そのためにはなるべく早めに保育園の情報収集をした上で、保活を進めていく事が大切です。勤め先に院内保育所がある場合は、そちらを活用するのも良いでしょう。ですが、院内保育所はどこにもあるわけではなく、保育所も小規模なところがほとんどです。3歳まで通わせたのちに幼稚園に通わせるという活用法もあります。保育施設の状況は地域によって異なってくるので、自分が居住している地方自治体の保育担当部署などで確認しておくと良いでしょう。妊娠している段階で地元の保育園に関する情報収集を行い、認可保育園や認可外保育園などそれぞれの申し込み方法を事前にチェックしておけば、スムーズな保活ができるでしょう。一般的に認可保育園に対して4月の入園を希望する場合、多くの自治体が10~12月にかけて申し込みを受け付けている傾向にあると言われています。生後2か月から保育園に子供を預けられる事を踏まえ、看護師の仕事に復帰できるタイミングを家族と相談しながら保活を進めていく事も重要と言えるでしょう。

保育園を選ぶ際は、いくつかの重要なチェックポイントがあり、そのひとつがしっかりとした安全対策がとられているかという事です。施設内や園庭などを実際に見学して、安全性が確保されているかチェックする事は大切です。また、安全対策にしっかり取り組んでいるか、遊具やおもちゃに破損や劣化している箇所がないかも確認しておくと良いでしょう。また見学する際は、保育士や子供の様子もチェックしておきましょう。保育士がきとんと対応しているか、子どもたちが楽しく遊んでいるか観察する事も重要です。