知っておきたい保活のポイント

出産後に復職を目指す看護師は日本中に多くいますが、仕事と育児との両立をするには、早い時期から保活のポイントについて押さえておくことが大事です。特に、認可保育所の数が少ない地域で復職先を探す場合には、都合の良いタイミングで保育所が決まらないことがあります。そのため、余裕を持って役所や各保育所の担当者と相談をしたり、両親に一時的に子どもの世話をしてもらったりと、色々なケースを想定して対策を考えましょう。また、実際に保活を経験した先輩や友達の看護師に助言を受けるのも良いでしょう。

育児中の看護師へのサポートに力を入れている都市部の総合病院などでは、病院内に在職中のスタッフだけが利用できる院内保育所を設けたり、休暇を柔軟に取得できるようにしたりするところも多くあります。そこで、女性の看護師が働きやすい医療機関の特徴を知るため、復職希望者を対象とした就職相談会や面接会に足を運んだり、子育て中のスタッフの多い医療機関のパンフレットに目を通したりすることが大事です。医療スタッフの数に余裕のある医療機関の中には、子どもが小さいうちは非常勤やパートタイムなど短時間の勤務を選択できるところもあり、看護師としてキャリアを築くうえで大きなメリットがあります。なお、なるべく育児への理解のある職場を見極めるには、各医療機関の採用情報をチェックして、産休や育休を取得したスタッフの数が多いところを職場の候補に選びましょう。