復職後は院内保育所を利用すべし

看護師としてのキャリアを積んできた女性も結婚して妊娠・出産間近になると、一時休職となります。そして無事に赤ちゃんを出産し、再び働くとなった時、ぜひ利用したいのが院内保育所です。院内保育所とは病院で働くスタッフの勤務環境を整えるために病院に併設された保育所の事です。院内にあるため、送迎に時間がかからない、何かあった時にはすぐに駆け付けられる、ほとんどの病院で保育料の補助があるなど様々なメリットがあります。そのため、ママになり保活をしながら復職を目指す看護師には心強い味方となります。

ただし、病院によっては保育所の特徴も違います。24時間体制で受け入れ可能な所もあれば、日中のみとしている保育所もあります。受け入れ可能な月齢数も、生後1ヶ月からOKという所もあれば、1歳までは入所できないと所もあり、これらは預けようと検討している段階で、保育所に確認しておく必要があります。また、院内保育所の場合はほとんどが無認可で規模が小さいのがデメリットでもあります。通常の保育所なら年齢ごとにクラス分けされ、その年齢に合わせた保育が行われますが、院内保育所の場合は赤ちゃんから小学校入学前の子供までが同じ部屋で過ごす事になります。運動会や遠足などのイベントも少なく、幼児教育という面では物足りなさを感じるかもしれません。そのため、院内保育所は一般の保育所が決まるまでの期間だけ利用するといった活用法もあります。看護師だからこそ与えられた特権でもあるため、子供の年齢や自分の仕事に合わせて上手に使いたいものです。